忍者ブログ
主婦ですが・・芝居を創っています☆彡 今まであちらこちらに散らばっていたブログ記事を、ここにまとめてみようと思います。 ブログネタには困らないけど、それは人としてどうよ!と言われたくらっしゃ~☆curaにお付き合いくださいませ♪
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
cura
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
舞台に立つこと♪
自己紹介:
ブログランキングに登録しています。
一日ワンクリックしていただけると嬉しいです♪
他のいろんなブログも覗きに行けますよ☆



いつも、ありがとうございますm(__)m



バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2005年10月23日(日) 15時36分

ウチには、80歳過ぎのじいちゃんもいる。
入院したばぁちゃんの、娘婿になる。
つまり、私の主人の父である。

お昼ご飯を、義祖母、義父、私の3人で食べている時に
ふと思う・・・・・元は他人じゃん

じいちゃんは、結構ノリがいい。
人を笑わせるのが好きだ(確率は、低い)
その点、私と気が合う。



何年か前、物を尋ねに来た人がいた。
「△田○男さんの家をご存知ないですか?」
私は、あまり詳しくないので、じいちゃんを連れて来た。

「ああ、隣の、死んだじいさんの名前じゃ。
今は、息子の名前になっとる。」
「そうですか。隣ですか。
・・・で、何時頃に戻って来られますか?」

「・・・・・死んだもんは、戻って来ん!」

もちろん、その人は息子さんのことを聞いたのだろうが・・・
いたずら好きのじいちゃん、承知の上の回答である。

そこに、私も乗っかった。
「お盆には、帰って来ると思いますよ!」

今、思えば気の毒な事をした・・・



この間の台風のとき
ウチ辺りは、広範囲にわたって、丸二日以上、停電が続いた。
それはそれは、電気の有難さを痛感した。

二日目の夜・・・真っ暗な中で、ろうそくを灯しての簡単な食事。
私なんか、もう発狂寸前だった。

そこに、食卓にやって来たじいちゃん。
ハッピ、バースデイ、つ~ゆ~

し~ん
みんなの動きが、一瞬止まった。



私の初めてのミュージカルの舞台。
2回公演の初日だった。
主人、じいちゃん、娘たちで観に来てくれた。

クライマックス
主人公を助けるために、傷を負った恋人が、息をひきとるシーン

恋人は、主人公に抱きかかえられて
お別れの言葉を、息も絶え絶えに伝えている

そこで、じいちゃん
「死ぬな~~!まだ、明日があるぞ~~!!」

確かに、明日も公演はある

それ以来、私の出演する舞台の公演日は、内緒にしている。 




жポチっとお願いします⇒人気ブログランキングへ

いつもありがとうございますm(__)m
また、いらしてくださいねっ☆彡
PR

2005年10月22日(土) 11時49分

「入院騒動」で書きましたが
ウチの97歳の義祖母が、骨折して入院→手術しました。
おかげさまで、よく食べよく動き、順調に回復しております。

しかし、相変わらず私の事は、分からず・・・
連れて行った娘達を見て、「あんたの子かい?えらい似ちょるが、きょうだいじゃろかい?」

長女がたまりかねて
「・・・孫」
「え?」
「孫!ばぁちゃんのひ孫!!」

骨を折った事も、手術をした事も記憶にないらしく
右足が思うように動かないので「どしたもんじゃろかい?」と言っています。

移動は車椅子でしか出来ないのに、
自分で、ベッドを下りようとして、ベッドのサクでケガをしてしまったり
落ちてしまった事もありました。

食事前に、車椅子に座らせていると
ちょっと私が目を離したスキに、ストッパーを外して動こうとします。
危ないので、食事のときのテーブルを前に持って来ているのですが
私が、一瞬、横を向いた隙に
そのテーブルを、ポーンと押します。
キャスターが付いているので、シュ‐ッと動きます。

テーブルを元に戻す
また、ポーンと押す
テーブルのところに行く
車椅子のストッパーを外す
テーブルを戻す。ストッパーをかける
テーブルを押す

もうっ!!
そんな事するなら、ご飯は食べさせんよぉ!!


鬼嫁である

そんな調子なので、他の入院患者さんや看護師さんに大変お世話になっており
私は、病院に顔を出す度に、頭を下げてまわるのでした。

そのうち、病院に行かなくては・・・と思うと、無償に泣きたくなり
通院拒否とでも言うのでしょうか。
エレベーターに乗るせいではないと思うのですが
フラフラと病室に向かっていました。
このままでは、私の方が先に天国に行ってしまう・・・


そんな折、転院が決まり
きのう、別の病院に移りました。

先生の診察を受け・・・
先生、曰く「今まで、ウチに来た患者さんの中で最高齢です!」
「・・・はぁ」(なんか、くれるのかい?)
「落ちた?」
「はい・・・見てはいないんですけど・・・たぶん」

横で、看護師さんのつぶやきが聞こえる。
「おっかしいね・・・鳥にでもなったつもりだったのかな・・・」
意味が理解しかねたので、聞き流す

「この様子じゃ、帰っても、車椅子の生活ですね。
せいぜい、ベッドからポータブルトイレに移るまでです」
ここは、リハビリをする病院
しかし、ばぁちゃんにはやる気が見られない。
診察を受けている今も、ウトウトして横になる事ばかり考えている。
年も年だから、無理もない。

「夜に、徘徊でもするような事があったら、すぐに出てもらいます」
明日にでも帰ってくる確率が高い。

更にフラフラになって、診察室を出ると
看護師さんが追いかけて来た。

「確認ですけど・・30メートルのところから落ちた でいいですか?」
「へ?」
もうひとりの看護師さんが言う
「鳥にでもなったつもりだったのかね?」
は、は~ん。さっきのつぶやきはそれかい!
「誰が、言いました?」
「前の病院からの書類に・・・ほら」
【若くなったつもりで、30mのところから落ちた】
と、確かに書いてある。
30センチです。cがぬけてますね」と、私。

お~い!
ウチのばぁちゃんは、不死身かい
・・・ま、ちょっと近いけど  


жポチっとお願いします⇒人気ブログランキングへ

いつもありがとうございますm(__)m
また、いらしてくださいねっ☆彡

 

ウチは、兼業農家です。

稲刈り、終了しました~と、さも活躍したようにタイトル書きましたが
ほぼ、主人が一人でやりました

この間、苗の土入れをして、種をまいて、田植えをしたのに・・・
早いものです。

種まきの日
う~~っ!ごめんなさいっって感じで
私は、スタジオDOCのダンスパフォーマンスライヴ の前日リハーサルに参加していました。

ちょうど、休憩に入った時・・・主人からメールが
「急な雨の中、悲惨な状態で作業を続けている。帰ってくるのは、無理だよね」

すぐに決断!
休憩の間に種まきを終わらせて、またリハに戻るつもりで
「日本野鳥の会」の衣装のまま、(どんなライヴや!)家へ戻った。

主人は、腰を痛めていて本当に這うように種まきを続けていた・・・

衣装の上に雨合羽を着て苗箱に敷いた土の上に、種をまき、土をかぶせる。
苗箱を重ねて、台車で運ぶ・・・これが相当、重い
腰を痛めた主人には無理なので、なんとか頑張った。
150%ぐらいの力をだしたのかもしれない

次は、運んだ苗箱を重ね、水をかけてむしろやシートで覆う。
・・・な、なんとか作業終了~

腰を痛めた主人を放って行くのは、忍びなかったが
また、リハ会場へと戻った。
なんとか出番には間に合った。

今度は、病気のおとっつぁんを台車に乗せて舞台へ・・・
(ミニ時代劇で、町娘役でした)

おかげで苗も順調に育ち、田植えを経て、水の管理、数回の予防薬の散布、草取り・・・

予防の時の私の役目は、ホースの管理なのですが
農薬散布の機械の音は、凄いので
ここぞとばかり、歌を歌ったり台詞を言ったりしてます。
でも、田んぼの中で農薬を散布している主人が、こちらを向いて「は?何?」という顔をします。

相当遠いし、マスクはしてるし・・聞こえないと思ったんですが
私の声は、機械以上のようです

いろんな農家の、いろんなドラマの中で育てられ、収穫されたお米たち
ご飯を食べる時に、ちょっと思い出して下さったら嬉しいです。

私の歌を聞いて育ったお米は、きっと特別おいしいはずですヨ



жポチっとお願いします⇒人気ブログランキングへ

いつもありがとうございますm(__)m
また、いらしてくださいねっ☆彡

ж2005年10月12日の記事です。ж

ブログ開設早々・・・
義祖母が骨折して、入院しました。

ばぁちゃんは、あと2年と数ヶ月で3ケタになる高齢です。

一応、トイレも自分で行くし、
食事も台所に来て、とります。

ただ、ばぁちゃんの中では、1日に食事の回数が10回ぐらいあるのが難点ですι
それに、食欲があるのは良いことなんですが
時に人の分まで食べようとするので、見張りは不可欠です。

その日は、週に2回のデイサービスの日でした。
朝から、いつもに増して、ん?という言動が多かったです。

今日は、実家に帰る日だと言ってみたり・・・
嫁に来た頃に戻っているように感じました。
一抹の不安。

夕方、いつものようにデイサービスから帰ってきて、少しホッ・・
部屋でおとなしくしているので、疲れて寝ていると思っていました。

その矢先
「ドン!!」という音。

高さ30センチくらいの文机の横に
仰向けで倒れていました。

手すりを掴んでやっと歩くのに、そんな所に上るのは、考えにくい。
でも状況は、上ったとしか考えられない。

「○おじさんを呼んでくれ!」
○おじさんは、ばぁちゃんの仲立ちさんで、生きていれば120歳くらい・・・
「△さんを呼んでくれ!」
△さんは、産婆さんみたいな人で、やはり生きていれば120・・・・・・

やっぱり、若くなっている。
若いから、こんな台くらい上れるんだ。

救急車に乗ったのも
手術をしたのも
知らない。

怪我の直後は、主人は弟だった。
今は、孫に昇格?した。

私は・・・
私はたぶん「なぜかしつこく傍に居る口うるさい看護師さん」かな?

今は、まだ先が見えないけど
とにかく周りがダウンしないように、調整しようと思っています。

今日は、久しぶりに手抜きして、お昼頃から病院にいこうかな・・・



ж現在の出来事を更新中のブログはこちらです⇒新・自称「女優」でございます!

Copyright: cura。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Material By mococo
Template by カキゴオリ☆


*忍者ブログ*[PR]
*